使い方でリースするコピー機を選定

オフィスでコピー機をリースすることになったら、少しでも経費を抑えるためにお得になるプランを考える必要があります。同じ機種ならリース料金に差はないだろうと勘違いする人が多いのですが、契約するにしてもいくつかのパターンがあり、使い方によって何がお得なのかが変わります。総じて言えるのは型落ちのコピー機は安く契約できますので、性能にこだわりがないのであれば最新機種でなく型落ち機種を選ぶのがお勧めです。高性能のコピー機はどのようなパターンを選んでも少し高くなるので、使用頻度の低い会社には向きません。

よく調べてみると、最新とその一つ前との差がマイナーチェンジのみで、大きな差がないケースも見られます。リース契約では、トナー等の消耗品を交換する際に費用がかかって印刷時にはかからないタイプと、1枚ごとの印刷に単価が設定されていてトナー等の消耗品は無料で交換できるタイプとがあります。どちらの方が優れているというものではなく、その会社でのコピー機の使い方によって選ぶべきものが変わるので、事前に日頃の使用の仕方について整理しておくと良いでしょう。きちんと情報を整理すれば、業者に費用をシミュレーションしてもらう時も簡単に比較できます。

最終的には少しでも安いものを選びたいところですが、トータルバランスを考えないと機能面で足りないという事態が発生するかもしれません。必要な機能を兼ね備えつつ、料金も抑えるのが理想です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *