コピー機リースは苦境だが、サービスの多様化に光

新型コロナウイルスの拡大に伴い、リモートワークが注目を集めています。その影響もあって、オフィス向けコピー機の需要は大きく減少しており、メーカーもリース会社も業績を悪化させています。しかし、リモートワークが拡充していることから、新たなサービスが登場することが期待されているのも事実です。例えば、リース会社では既に在宅勤務向けの低価格帯のコピー機を提供するサービスが実施されています。

オプションサービスとして、リモート通話やネットワークサービスを提供する会社も増えており、サービスの多様化が進んでいます。コピー機のメーカー側においても、リモート化に対応する機器やネットワークシステムの構築サービスの開発が盛んです。現状においても、モバイル端末からオフィスの複合機に出力できる機種は既に登場していますが、さらなる技術革新が期待されています。こうした動きが生じていることから、リースサービスを利用する側としてはより多様なサービスの選択肢が増えることは間違いありません。

リモートワークへのシフトチェンジを検討している企業であるならば、現在とは別の選択肢を検討する道も考える必要があります。特に、社内のインフラ担当者においては、どのようなコピー機やネットワークサービスが登場し、どんな便利な機能が追加されるのかに注目すべきです。リモートプリントの広域化やコピー機の小型化など、各メーカーが打ち出すの最新の製品、サービス情報に気を配るべきタイミングと言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *