オフィス機器の代表であるコピー機リースの選び方

コピー機と言えばオフィス機器の代名詞の一つでもあります。どんな会社にも1台はあることでしょう。コピー機の性能の進化には目を見張るものがあるのと同時に、国内には多数のメーカーがしのぎを削っていることから価格競争が起きており、消費者にとっては嬉しいかぎりです。コピー機を選ぶ場合は、画質の美しさやスピード、機能性などと共に、ランニングコストが安いということも重要です。

他のオフィス機器とは異なり、機種代を支払って終わりではなく、毎月のランニングコストが発生するからです。その主な内訳は、機種のリース料金とカウンター料金、そして用紙代や電気代からなります。機種代金はグレードによってかなり幅がありますが、値引きがとても大きいことがコピー機の特徴でもあります。それをさらにリースにして月割りにすることで負担感は大幅に軽減されます。

カウンター料金についてもモノクロ1枚当たりの単価は1円を切るのが相場となっています。ひと昔前1枚10円だったころとは比較にならない安さです。このカウンター料金の中にメンテナンス代やトナー代も含まれているので、カウンター料金は本当に安いと言えます。ただ、それでも各フロアや部署ごとに複数台所有するとなると、いくら経費で落とせるとはいえ、やはりそれなりに負担感は出てきます。

そのためコピー機をリースする場合は、予算に合わせて機種を選定したり、複数の代理店と交渉したり、メーカーによっても値引き額は変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *