コピー機をリースするメリット

コピー機のリースは、本体を購入するよりも低い金額で最新機器を導入することが可能です。契約期間が満了するまでは、自社の所有物として自由に使えるのがメリットです。但し分割払いに近いものがあり、総額としては購入よりも高くなると言えます。リース契約にはファイナンスタイプとオペレーティングタイプがあります。

前者は契約期間終了前に解約すると、違約金が発生するのが特徴です。それに対して後者は、途中解約ができるのがメリットです。契約期間満了後には残存価値が設定され、買い取ることもできるのが特徴です。コピー機の場合は、一般的にはファイナンスタイプとなります。

リースの大きなメリットは、初期費用を抑えられることにあります。機器を購入するとなれば、相当な設備投資が必要になります。本体が高額であるのに加え、インクなどのコストもかかるわけです。コピー機のリースは月々の料金が決まっており、予算が立てられやすいというメリットもあります。

それらは経費で処理できるのもポイントです。また、本体機器自体はリース会社の所有となるため、利用会社が減価償却の手続きをする必要がありません。加えて、故障やメンテナンスも所有会社が行うので、本業に支障を来たす心配もないわけです。そして、契約期間が満了すれば、所有会社が責任を持って全ての撤去作業を行ってくれます。

昨今のコピー機はネットに接続されており、様々な機能を備えています。そうした使い方のアドバイスも受けられるのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *