コピー機をリースで用意する注意点は

コピー機をリースで導入するというのは珍しくない話ですが、一方で初めて導入する場合にはいくつか注意することがあります。リースの仕組みは依頼者の求めに応じて、リース会社がコピー機を代わりに購入しそれを貸与するというものです。自社で購入することが可能であってもこの方式を使うことによってコピー機を固定資産として扱う必要がなく、使用料金を経費で処理することができます。固定資産として扱われれば金額によっては減価償却を行わなければならず税務処理が煩雑になりますが経費で処分することができれば、それだけ事務処理が簡素化できるメリットはあるものです。

一方でレンタルという方法もありますが、こちらはレンタル会社から借りることが前提で大抵の場合には中古品を導入することになります。リースでは、新品での導入となるので最新機種を手に入れることが可能です。しかし、注意点もあり誰もが利用できるというわけではありません。新品を購入して借りるという方式であるため、将来的に必ず料金を最後まで支払ってくれる必要があり、利用する場合には審査が行われ場合によっては審査に通らないこともあり、導入をあきらめるという結果にもなりかねません。

また購入したものを貸し付けるという性質上、到着するまでに時間がかかるというのも注意しなければならず、余裕をもって行う必要があります。また期間が満了すれば返却することになり、次に使うコピー機を用意しておく必要があるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *