コピー機のリース会社を選ぶポイント

コピー機のリース会社を選ぶ場合、最も重要視されがちなのが料金です。しかし、リース会社の中には契約したら一切メンテナンスを行わない会社もあるため、料金だけでなく定期メンテナンスの有無も重視したいポイントです。定期メンテナンスを行ってくれる会社と契約すれば、コピー機の不具合が起こりにくくなることに加えて、急な不具合が生じたときも修理スタッフを呼ぶことができます。また、故障していない場合でも困りごとを相談できることも可能です。

ただし、メンテナンスには大きくメーカー対応のものとリース会社対応のものの2種類があります。メーカー対応のメンテナンスの特徴は、通常時のメンテナンスに強いことです。使用しているコピー機に対する知識や技術が豊富なスタッフが対応してくれるので、より高いレベルのメンテナンスが期待できます。加えて、部品交換が必要となった場合でも、在庫切れで待たされる心配がないというメリットもあります。

しかし、トラブル発生時にすぐに対応してくれないケースも多く、契約内容によっては対応できないサービスもあり、柔軟性に富んだサービスは期待できません。リース会社対応のメンテナンスは、急な不具合が起こった場合はすぐにスタッフが駆けつけてくれるなど、臨機応変な対応が期待できるという特徴があります。しかし、部品交換時に部品調達に時間がかかることがあることや、契約する会社によって技術力の差が出てしまうといったデメリットがあります。このように、2種類のメンテナンスにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、それらを踏まえた上で自社にあったメンテナンスを提供しているリース会社を選ぶようにしましょう。

コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *