コピー機リースの特徴や向いている人

高額なコピー機をリーズナブルに導入する方法にリースがあります。リースは、新品をリース会社に購入してもらって、その費用を分割して支払って使わせてもらう仕組みです。コピー機は高性能になると100万円を超えることも珍しくありませんが、オフィスには必要不可欠なので必要としている会社が多いでしょう。リースは最初に全額支払わなくてもよく、レンタルに比べて支払額が低くなるので、導入しやすいです。

もちろん購入と違って利息相当を負担しなければならないことや、支払いが終わっても自分の物にならずに返却しなければならない点などはデメリットです。したがって、メリットと比較してプラスになる方が大きいと感じたなら、利用すればよいでしょう。レンタルとは違って長期的な契約に拘束されるのもデメリットですが、新品で好きな機種を選ぶことができます。レンタルはあらかじめ用意されている物を選ぶしかないので選択肢が限られるので、好きに選びたい方には向いていません。

コピー機の保守点検などはきちんとサービスに含まれているので、支払総額があらかじめわかっているのであれば不満を感じることはないでしょう。ただし、総額表示ではなく別表示になっている場合は合算しないと総額のコストはわかりません。お金に余裕があれば購入するのも手ですが、その分の費用を別に充てることができれば事業拡大ができる場合もあります。したがって、余裕があってもリースを使うメリットは大きいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *