コピー機のリースとレンタルの違い

今では機能が充実したコピー機が簡単に利用できるようになり、オフィス業務など様々な場面で活躍しています。コピー機を使用する場合、リース契約やレンタルでの利用ができますが、リース契約とレンタルではどんな違いがあるのでしょうか。まず、リースですが、契約期間が長く、通常は5年から7年に設定されていて、中途解約ができないケースがほとんどです。そういった制約があるため、契約できる機種は豊富に用意されています。

利用にあたっては審査があるので、会社の財務面で問題があると判断されると利用できない場合もあります。また、機種は新品のみとなり、中古品の取り扱いはなく、費用面でいうと金利や保険料などを考えるとトータルコストが高くなりがちです。一方、コピー機のレンタル契約では利用期間を短く設定できます。イベントや一時的に事務所を設置したい場合など、数日単位から借りることができ、審査などがないため、利用までのハードルが低いのが特徴です。

また、レンタル契約は期間満了まで解約できないということはなく、解約しやすさという点でも融通性があります。レンタルのデメリットとしては、リースと比べると同じ期間を借りた場合の費用が高くなる点が挙げられます。また、機種は選べないケースも多くあり、新品ではなく中古品であることも少なくありません。このように考えてみると、リースとレンタルはコピー機の使い方などによって使い分けるのが賢明といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *