コピー機をリース契約する際に知っておくべきこと

コピー機をリースするにあたっては、メリットもあれば当然デメリットも存在します。そのため、そのサービスの利用にあたってはその両者をある程度理解しておくことが重要です。なお、コピー機をリースする最大のメリットとしては、その費用をすべて経費扱いにできる、というものがあげられます。その際には月額料金が固定されているので、ランニングコストを把握しやすくなるのもその利用にあたってのメリットと言えます。

また、購入するわけではないので所有権はリース会社側にあるので、減価償却の手続きや固定資産税の支払い義務が生じません。それゆえの、面倒な事務処理が少ない点もリース契約の魅力です。さらに、初期費用なくしてコピー機を導入できる点もその特徴でありメリットと言えます。つまり、大切な現金を使う必要がないのでその分を運転資金に回せます。

銀行などの借り入れと比較すると審査自体もかなり簡略化されていることも多いので、比較的に気軽に申し込める傾向にあるので現金が使いたくないときには非常に心強い存在です。ただし、その契約は基本中途解約できません。一般的に固定金利となっており、導入時に決められた年数で契約を結びます。無理に解約を希望する場合、残債を一括で支払って強制的に契約満了とする方法以外ないため長期的な支払リスクを念頭に置いておく必要があります。

さらに、支払総額が現金買取をした場合に比べて多くかかる場合が多い点にも注意が必要です。契約時にはしっかりその詳細を確認するよう心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *