コピー機はリースがおすすめ

コピー機を導入するのならリースがおすすめです。コピー機を導入する方法にはリースの他にレンタルや購入がありますが、それぞれメリットデメリットがあるので内容を把握してから選択するようにしましょう。コピー機を購入するメリットは資産になるという点です。インクや紙などの必要な備品、メンテナンスが出来る人材などが必要になりますが中古で売ることも可能です。

レンタルのメリットは1日単位など短期間から利用できる点です。審査などがなく利用できるので急ぎで必要なケースなどには向いていますが、その分1日単位の価格が高い傾向にあります。その点リースは一定期間同じ機種を使い続けることで、1日単位の利用価格を抑えられるというメリットがあります。契約には審査が必要な事がほとんどなので、利用したい日付などが決まっている場合には余裕をもってリース会社に依頼をすることが大切です。

デメリットとしては同じ機種を使い続けなければならないため、最新機能をもったものには変更しづらい点です。契約期間中に解約をする場合には、違約金が発生することもあるので機種を選ぶ時には自分の利用したい機能が備わっているか確認することが重要になります。リースはモノクロ印刷しか行う予定がないなど、使いたい機能がはっきりと決まっている方には特におすすめの方法となっています。機種を決めかねている方は、レンタルから長期間プランへ変更が行えるタイプの会社もあるので参考にしてみて下さい。

コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *