カレンダー印刷時の注意

カレンダー印刷はビジネスでも個人的な趣味でも誰でもが経験していることでしょう。もちろん、ビジネスと趣味では印刷する量が大きく違いますから、同じことが注意事項となるわけではありません。ただ、現代においてはデザインのほとんどを印刷を依頼するユーザーが行うことになります。カレンダー印刷の特別な知識は必要がありませんが、どのようなデザインを選ぶかを決めなければなりません。

また、自社のカレンダーがどのように使用されるかを想定して印刷のターゲットを決めなければならないでしょう。例えば壁掛け式のカレンダーであれば、大判で一月に1ページです。少しアイデアを入れたカレンダー印刷では2か月分を1ページに印刷しています。予定などを書き込むための余白を確保しておくことが重要です。

また、ビジネス用でも個人的に使用してもらうためには卓上カレンダーが有効です。女性が好みそうなかわいいキャラクターや動物の写真なども人気です。いずれにしても会社の名前があまり目立たないようにすることがポイントです。取引をしている会社ですから社名を知らないはずはありません。

必要以上に宣伝効果を高めると逆効果になってしまいます。カレンダー印刷は年末に集中しますから、印刷業者へは早めに注文することがポイントです。デザインなどは毎年同じにしている会社も少なくありません。日付の並びだけが違うカレンダーです。

サイズが同じであれば、取引先の壁の定位置をキープすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *