カレンダー印刷は卓上カレンダーの時代へ

年末が近づくとカレンダー印刷に取り組む一般企業は少なくありません。昔からカレンダーを広告宣伝用のツールとして考えている企業は多く、広告付きのカレンダー印刷を行っては関係先に配布して回るという習慣が根付いています。実際にこのような広告宣伝手法は有効であり、一度設置すればよほどのことがない限りは一年間その場所で宣伝活動を行ってくれる仕組みになっています。そのため多くの企業が社名や商品名、サービス名など知名度を高めたい何らかの要素を盛り込んだカレンダー印刷を精力的に行ってきました。

この様な活動は現在まで続けられています。しかしそのような活動を行う企業が増加した現在ではせっかくカレンダー印刷をしても使ってもらえないケースというものが出てきています。広告宣伝に適しているのは大きな壁掛けカレンダーなのですが、どうしても需要には限りがあるのです。ある程度の規模の会社になるともらったけれど使いきれなかったカレンダーが密かに処理されるということが実際に起こっているのです。

そこで最近ではカレンダー印刷の一部を壁掛けカレンダーから卓上カレンダーに切り替える企業が増えてきています。卓上カレンダーであれば壁掛けカレンダーよりもはるかに需要がありますので実際に使ってもらえる可能性が高いのです。広告宣伝効果とスペースは小さくなりますが、それでも使ってもらえて喜ばれるカレンダーを作るという選択をする企業が増加傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *