年末の挨拶回りのためのカレンダー印刷

日本のビジネスマンにとって年末の挨拶回りの際の手土産としてオリジナルでカレンダー印刷したものを粗品として配布すると言う習慣は、すっかり日本の文化として根付いています。このようなビジネスシーンで配布されるカレンダーはカレンダー印刷の際に企業のロゴや商品やサービスのロゴなどを印刷するのが一般的な手法です。関係先へのサービスであると同時に、自社ブランドや自社製品の知名度を向上させるための広告宣伝ツールとしての役割を果たしているのです。カレンダーは通常のポスターなどとは異なり、一度設置されれば余程のことがない限りは1年間使ってもらえるという特徴があります。

そのため非常に優秀な広告媒体として注目されているのです。そのようなカレンダー印刷のメインとなるのは壁掛けカレンダーです。壁掛けカレンダーが紙面も大きくインパクトが大きいことから宣伝広告効果を期待する場合には第一選択となります。しかしながら需要に対して供給が多くなりすぎている現状があり、配布しても実際には使ってもらえないケースが少なからず存在しています。

そのためデザインに工夫して実用性を高めたりといったカレンダー印刷の工夫も積極的に行われるようになってきています。また業種によってはより需要の高い卓上カレンダーにシフトすることでカレンダー印刷したオリジナルカレンダーを積極的に使ってもらえるように工夫を凝らしています。目的はあくまで広告宣伝であり使ってもらうことに意味があるのです。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *