コピー機をレンタルするメリットと注意点

業務用のコピー機は、新品を購入する場合は価格が数十万円します。中古品にしても10万円前後になることが多いため、事業を始めたり新しく拠点を築く際のコスト負担が大きくなります。その負担を分散させることができるのがコピー機のレンタルで、比較的短期間の利用に適しています。短い場合は1日程度でも借りられることがあり、イベントやキャンペーンなどで一時的に拠点を設置する場合にも活用できます。

あくまでも借りているということで所有権が発生しないので、税金の計算など面倒な手続きもせずに済みます。コピー機を借りる方法としては他にリースがありますが、リースの場合は審査が必要で、期間がかかる上に場合によっては断られることもあります。その点レンタルでは基本的に審査がないので、気軽に利用することができます。そして解約期間も特に限定されておらず、必要なくなったらすぐに返却し、早期返却による違約金の発生もありません。

ただレンタルはメリットだけに着目するのは危険です。基本的に短期利用ができるということで料金が高くなりがちなので、長期利用には適していません。その場合は手続きが面倒でも購入やリースの方が良いです。またレンタルする機種を選べないという弱点があり、中には機能面が不十分に感じられるほど古いものが提供される可能性があります。

したがって無策で適当にサービスを選ぶのではなく、評判や契約内容をしっかりと確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *